0596-28-3357

スタッフブログ

子宮頸がんワクチン予防接種

2022年4月7日

子宮頸がんワクチンの予防接種を開始しました。
子宮頸がんは、遺伝などに関係なく、発症する可能性がある病気です。発がん性ヒトパピローマウィルス(HPV)という病原体が子宮頸部内に侵入することで引き起こされます。子宮摘出だけでなく、命を落とすリスクも潜んでいる恐ろしい病気です。自覚症状のないことが多く、症状が進行してからでは手遅れになることも。
このワクチンを接種することは、子宮頸がんを防ぐことにつながります。HPV感染する以前の年代でワクチンを接種し、感染を防ぐことで子宮頸がん発症を阻止できるとされています。
12歳以上の女性から接種対象者となります。年齢が若いほど優先的に接種することが推奨されています。3回接種にて十分な抗体上昇が少なくとも20年間は持続すると推計されています。
※対象者は伊勢市・度会郡の小学6年生~高校1年生女子です。