胃カメラ、内視鏡内科なら伊勢市のいど胃腸科クリニックへ

0596-28-3357

内視鏡内科

内視鏡内科

内視鏡内科では、外来における消化管の検査を行います。
食道から胃・十二指腸を観察する上部消化管内視鏡と、大腸・直腸・肛門を観察する下部消化管内視鏡検査を行っています。消化管疾患では自覚症状がない場合も多く、疾患の早期発見には専門的な検査が必要です。
どんな些細な症状でも、まずはご相談下さい。

当院の内視鏡検査

当院では、胃内視鏡検査を
年間1000件以上施行しています。

「検査を受けることが少しでも負担にならないように」そして、 「これであれば定期的に検査を受けたい」と感じて頂けるように、早期発見、早期治療を目指して、切実に診療に努めています。

観察眼と診断力が重要ですので、検査一件ごとに丁寧に検査をしています。


もしも総合病院での診断が必要な疾病が見つかった場合は、ご希望の医療機関へ御紹介いたします。


胃がん、大腸がんは怖い病気ですが、早期に発見すれば内視鏡治療や手術などで治癒することも多いがんです。ぜひ内視鏡検査を受けていただきたいと思います。


内視鏡について

より精度の高い診断、治療を行うため、オリンパス社製の内視鏡を導入しています。大腸カメラは往来よりも細く軟らかな機種を使用して、なるべく楽に検査を受けていただけるよう配慮しています。
また、オリンパス社製の内視鏡専用自動洗浄消毒機を使用しており、検査毎に手洗いブラッシング後、内視鏡をこの洗浄機にセットし、日本消化器内視鏡技師会のガイドラインに則って洗浄および高水準消毒を実施しておりますので衛生的で安心して検査を受けていただけます。

胃内視鏡検査

当院は個々の患者さんのお腹の具合に応じて治療を選択し提案させていただいております。
内視鏡(胃カメラ)で胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの有無を見るだけでなく、一人一人の胃の状態についての正確な診断と適切な治療を行っています。
どうぞお気軽にご相談ください。

検査方法は、患者さんのご希望により口からと鼻からの胃内視鏡をお選びいただけます

鼻からのカメラ

長所
  • 吐き気が少ない
  • 検査後長時間休む必要はない
  • 鎮静剤の注射をしないので
    自分の胃がモニターで見れる
  • 検査中に会話ができる
短所
  • 鼻の中が狭いと痛みを伴いやすい
  • 鼻血が出る時がある
  • 検査前の処置が口よりも時間がかかる

口からのカメラ

長所
  • 鎮静剤の注射が効けば
    知らずに終わることがある
  • 鼻の通りがわるい方でも検査できる
  • 検査時間は鼻より短い
短所
  • 吐き気が出やすい
  • 検査後、1時間程ベッドで休む必要がある
    ※鎮静剤の効き方に個人差があります

胃内視鏡検査を受けられる患者様へ

口からのカメラの一番の短所は、のどを通る時に反射でオエッとする吐き気だと思います。なるべく吐き気を感じないようにボーッとする注射をしますが、効き方には個人差があります。
「注射をして眠って検査を受ける」と理解されている方が多いようですが、不安感を取り除いて、体の緊張を解き、苦痛を減らす ために使っています。眠らせることが目的ではありません。この種類の薬には多少記憶を欠落させる作用があるため「知らない間に検査が終わったから、自分は眠っていたのだ」と感じるようです。
また、吐き気は検査中だんだんと楽になっていきます。看護師も背中をさすったりお声かけするなど、患者さんに少しでも楽に受けていただけるよう援助させていただいております。

今までに口からのカメラを受けて吐き気がつらかった方は鼻からのカメラをおすすめします。鼻からのカメラの場合、舌のつけ根 が刺激されにくいので吐き気が少なくなります。ただし、鼻のカメラでは検査の前に鼻の麻酔などを行いますが、麻酔を行っても鼻の中が狭いと痛みを伴う方もいらっしゃいます 。個人差はありますが、顔が小さめ、鼻が高い方は狭い傾向があるように思います。一般的には、以前に口のカメラで苦しい思いをされた方は鼻カメラでは楽だと感じる可能性が高く、一方初めて胃カメラを受けられる方などは鼻のカメラは楽な検査だと思いすぎると意外に大変だと感じられるかも知れません。

私たちは、常に、どのようにしたら患者さんにとって一番よいか、少しでも楽に検査を受けていただけるよう援助させていただきます。ご不明なことがございましたらご遠慮なくおっしゃって下さい。

ピロリ菌検査も、胃カメラ中に一緒に行うことができます。
ご希望の方は検査前までにお伝えください。

バリウム検査

胃内視鏡検査は、実際に胃の中を見ることができるので病気の診断がつきやすく、医療機関では胃内視鏡検査が多くなっていますが、ご希望があればバリウム検査もしています。お気軽にご相談ください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)でわかる病気

食道

食道がん、良性ポリープ、逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道穿孔ヘルニア、バレット食道、食道憩室症、マロリーワイス症候群、など

胃がん、胃潰瘍、胃ポリープ、急性胃炎、慢性胃炎、胃粘膜下腫瘍、悪性リンパ腫、アニサキス症、など

十二指腸

十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、十二指腸炎、など

大腸内視鏡検査

大腸がんは早期に発見、治療できればほぼ100%治療する病気です。大腸内視鏡検査を行うことで、早期発見、治療が可能です。また大腸がんの他にもポリープや憩室、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)など、さまざまな病変を診断することができます。

大腸カメラは太さ11-13mm程度の細長く軟らかい内視鏡です。見た目としては、胃カメラよりもやや太くて長い形です。肛門から盲腸まで(内視鏡が約70~80cm入ります)の大腸内を挿入・観察するために太さや硬さや形状などが最適化されています。大腸は非常に長く(伸ばすと150cmぐらい)曲がりくねっているため、内視鏡が奥に進んで行く際に一時的に腸が押されて伸ばされることがあり、その時にお腹が張ったり違和感を感じることがあります。その苦痛を軽減するために鎮静剤の使用によりリラックスし苦痛を感じにくくするなどの工夫をしています。
盲腸まで内視鏡が挿入された後に、内視鏡を抜きながら再び肛門まで戻ってきながら大腸を詳細に観察します。
大きめのポリープなどが発見され、病院での診療が必要と判断した場合には、ご希望の病院へご紹介します。

このような症状のある方は大腸内視鏡検査をお勧めします

  • 排便時に出血する、便に血が混じる
  • 便潜血検査(大腸がん検診など)陽性だった
  • よく便秘になる
  • 便の形が細い
  • 便の回数が多い
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 下痢や粘液便が続く
  • 便通が以前と変わった
  • 腹痛が続く、腹痛を繰り返す
  • 血液検査で貧血がある
  • 以前、大腸ポリープがあった
  • 血縁者の中に大腸がんの人がいる
  • 40歳以上の方で、これまで一度も
    大腸内視鏡検査を受けたことのない方